電磁波の影響低減に関する問題

過敏症と呼ばれる症状を呈している方の間では、電磁波の影響を低減させる何らかの対策が必要と考えられています。電磁波を発生する設備やお住まいあるいは室内を防護する素材で覆ったりすることで遮蔽することは可能です。しかしそれに要する費用は非常に高額なものとなります。

電磁波はそれを発生する機器などとの距離によってその受ける影響との関係が確認されており、遠ざかるほど影響を受ける量が逓減します。日常生活においてはそれらの機器からの距離を離すことや、主電源やスイッチを切ることなどの対策をとることができます。電界や磁界が人体に何らかの作用をもたらすメカニズム等についてはいまだ解明されていないものの、国際的な防護ガイドラインが定められています。