家電製品の電磁波の健康への影響

ほとんど家電製品は、100キロヘルツ以下の低い周波数の電磁界を発生していますが、浴びると体の中で電気が流れます。

日常生活の数百倍にあたるような強い電磁界をあびた場合、神経や筋肉の活動が妨げられることがありますが、普段、利用している家電製品の電磁界は、健康に影響がないと考えられています。およそ100キロヘルツ以上の高い周波数の電磁界で、体温を上昇させる熱作用があります。テレビやドライヤー、掃除機などの家電製品からは、電源としての50ヘルツまた60ヘルツの超低周波電磁界が発生し、モニターや製品の中のモーター、電気回路などからは、中間周波電磁界(300ヘルツ〜10メガヘルツ)が発生します。携帯電話の300メガヘルツ〜3ギガヘルツの高周波電磁界、電子レンジの2.45ギガヘルツ高周波電磁界の発生が、よく利用する電化製品の中で高い値となっています。電磁界、電磁波の勉強を続けることが大切だと思います。