人体に影響を及ぼす電磁波の大きさ

電磁界情報センターでは人体に影響を及ぼす電磁波について情報を発信しています。センターは中立的な立場から、科学に基づき、リスクコミュニケーションの実践を通じて、電磁界の健康影響のリスク認知のギャップを縮小する活動を行っています。

強い電磁界を浴びた場合、その影響として神経や筋肉、心臓の活動が妨げられることが挙げられるが、通常の生活環境ではそれほど強い電磁界を発する製品はなく、過剰に心配をすることはストレスとして電磁波過敏症という症状を引き起こす要因になりうると考えられています。

電磁界情報センターのデータベースには、国内外の論文や文献が収集・保存されています。そのデータベースを閲覧するためには利用者登録が必要不可欠です。利用者運用システムの開始に伴い、これまで使用していたユーザーも情報を再登録するよう呼びかけています。